風俗営業許可を法人で行う場合

風俗営業許可ですが、申請者が法人であるケースもああります。法人であるケースですが、必要な書類などが個人とは違ってくるケースになりますので、注意をして用意しましょう。せっかくの申請ですので、一発で通すことができるようにしましょう。2度手間や3度手間というようなことにはならないようにしていくべきなのです。そこでその風俗営業許可を法人で行う場合に必要な書類ですが、まずは、住民票の写しが必要になります。住民票につきましては、本籍又は国籍といったもの記載されているようなものになります。


そして市区町村長の発行する身分証明書も必要になります。ちょっと難しのですが、成年被後見人と被保佐人の登記されてないことの証明書というものがあります。こちらを行う時には身分の証明をする必要がありますので、身分証明書を持って証明書を発行していただきます。そして、風俗店経営ということですので、誓約書もあります。人的欠格事項に該当しないことを誓約する書面となるわけです。最後に管理者の写真も必要になります。写真につきましては、3センチメートル×2・4センチメートルの写真となっています。しかも6カ月以内に撮影したものに限ります。以上のものが必要になりますので、法人で申請をする場合は用意していきましょう。風俗営業許可について、あまり詳しくなかったので調べてみた所、様々なお店が風俗営業としてお仕事をしている事が分かりました。


私は幼い時からゲームが好きで、よくゲームセンターに行っていたのですが、ゲームセンターも風俗営業の一部であることがわかり、とてもびっくりしています。その他にも麻雀やパチンコなども風俗営業を行っている事が分かりました。大人になって遊ぶ事ができるパチンコも実は風俗営業だという事を私は知らなかったので、とてもいいお勉強になりました。これまで行った事があるお店はもしかすると風俗営業としてきちんと許可を得て、運営しているお店かもしれません。興味がある方は是非調べていただきたいと思います。意外なお店が風俗営業として、経営している可能性があります。もし風俗営業許可を取得していないお店は、本来営業してはいけないので、違法なお店という事になります。お店によっては確認することができるはずです。風俗営業許可について、調べさせていただき普段よく利用しているお店が実は風俗営業を行っていたとは知りませんでした。とても興味を持たせていただきましたので、今後も調べさせていただき、お勉強していきたいと思います。