風俗営業許可の種類について

風俗営業許可と聞いてしまうと少し如何わしいイメージというのを抱いてしまいますが、全く違うもので身近なものも結構あります。風俗営業というのは8つに分けられています。まず1つ目はキャバレーなどの設備を設けてダンスを見せたり、接待などをして飲食させる営業です。2つ目に料理店やカフェなどといった客を接待して飲食させる営業です。3つ目はクラブやディスコといったダンスをさせるフロアと飲食をさせることができます。


4つ目はダンスホールといったダンスをするものです。こちらは飲食や接待をすることができないのです。5つ目というのは照度を10ルクス以下といった客席を暗くして客に飲食させる営業が出来る店です。6つ目は広さが5平方メートル以下と小さい所で喫茶店やバーなどで飲食を営業出来る所です。7つ目というのは麻雀やパチンコといったものを遊技させる為に必要なものです。8つ目というのはゲームセンター等のさまざまな用途で遊技が出来る所です。1つ目から6つ目というのは接待飲食等営業であり、7つ目と8つ目というのは遊技場営業を指します。これらは細かく分かれている為に、営業を行う際にはそれに沿った風俗営業許可を受ける必要があります。ギャンブルを行うような店舗を運営しようと思っている会社などもあるでしょう。不況などにも強いといわれているものになっていますし、成功なども考えていけますので、前向きに対応していかれるべきです。


しかし、そのようなギャンブルにつきましては、実は特別な許可というものも必要になります。あまりイメージがないかもしれませんが、風俗営業許可というものが必要になるのです。風俗というイメージがなかったかもしれませんが、そのような許可が必要であるということはしっかりと認識をしておくべきなのです。では、ギャンブルの内容なのですが、具体的にパチンコ店といったものがあります。また、マージャン店というものもあります。そういった店舗を運営する時には、風俗営業許可を取らなければいけないという認識で間違いはありません。いわゆるマージャンやパチンコ台というものですが、お客さんの射幸心をあおるということが言われているのです。ですので、風俗営業許可というものが必要になるというわけです。具体的には公安委員会の許可というものが必要になるのです。逆に利用する方は、そういった許可がしっかりと取られているのかも確認していくべきでしょう。店舗などに許可証が掲げられているはずです。