無店舗型の風俗店と風俗営業許可

性風俗を提供するような風俗店につきましては、店舗型と無店舗型というものがあります。最近では、圧倒的に無店舗型の性風俗店が多くなってきています。実は店舗型の風俗は許可がおりにくくなってきているのです。まちの浄化的な意味合いから、風俗店を新しく開業していくことは難しい時代になってきたと理解していかれると良いでしょう。そこで注目していくべきなのが、無店舗の風俗店です。無店舗型なので許可がいらないのではないかと思われる方もいるかも知れません。


しかし、それは大きな間違いになっているのです。無店舗型の風俗店でありましても風俗営業許可というものは必要になってきます。風俗営業許可と無店舗型の風俗ですが、いわゆるデリバリーヘルスといったようなものがあります。デリバリーヘルスですが、派遣型風俗とも言われます。性的なサービスを行うわけなのですが、その場合に風俗営業許可はやはり必要になるわけです。上記したように、店舗型と違いましてデリバリーヘルスの場合は店舗もありませんの許可は下りやすいです。また、受付の店舗がある場合でもその場所でサービスを行うわけではありませんので、受付所がある場合でも無店舗型としての届け出ができるようになっています。インターネット通販などが広まりを見せています。インターネット通販が行えるということで、非常に便利に生活ができるようになったのは確かです。


実際に多くの方がインターネット通販でいろいろな商品を購入してきています。そのインターネットの通販ですが、最近ではアダルト系の商品を取り扱っているところも多いです。店舗と違いまして対面しないでもよろしいということで、安心して利用している方も多くなっているのです。かなり広まりがある業界であるといういい方もできるでしょう。そのようなアダルト系の商品のインターネット通販についてなのですが、実は特別な許可も必要になります。風俗営業許可というものです。実際に店舗を持っていないような通販専門の業者でもそういった許可が必要になってきますので、注意をしていくべきでしょう。通販と風俗営業許可という兼ね合いなのですが、無店舗型の風俗といったようなものに分類をされます。確かに無店舗型ではあるのですが、風俗であるには変わりがないと思われるというわけなのです。特にインターネット通販のショッピングサイトなどを立ち上げるのは簡単であると思われています。実際の店舗を持つよりも楽であることは確かです。しかし、許可は必要になるということは覚えておくべきなのです。