風俗営業許可を取得する、気をつけるべきことは。

風俗営業許可をご存知でしょうか。深夜営業とは別の許可となっている許可証のことです。また、深夜に風俗営業許可が必要なサービスを提供することはできません。つまり、深夜営業と風俗営業許可は一緒に取得することはできないのです。なので風俗営業許可が必要な店舗を開店した際は、営業時間にも気を配らなければなりません。深夜営業許可が必要な時間帯に営業していたときは、法律に則って罰せられることとなるため、注意が必要です。


さて、では風俗営業許可が必要となる店舗とは一体どういったものがあるのでしょうか。ホストクラブやガールズバー、キャバクラといった種類の店舗はもちろんですが、スナックやパブ、クラブといった店舗にも実は営業許可の申請を行わなければなりません。いわゆる社交飲食店と呼ばれる種類のことです。もちろんこちらも、風営法により営業許可の取得が義務付けられているため、仮に取得せずに営業していたときは罰せられることとなります、自分が開く店舗は違うだろうから平気、という考えではなく、不安な点や不可解な点があるときは開店するまえに法の専門家などに相談してから営業しましょう。さて、風俗営業許可の取得についてですが。警察を窓口にし、開店予定の地域の公安委員会に必要書類の提出等をしなければなりません。申請する際、不備があればもちろん営業許可されることは無いので、事前に不備がないようしっかりと確認などを行っておきます。


どういった確認が必要となるか。それはまず近隣に保護対象施設とよばれる施設が無いかどうか。これは学校や幼稚園といった学ぶ場所などが指定されていますので、詳しくは警察や公安委員会へ相談し、立地についてもよく吟味しましょう。その際、借りるテナント等の所有者にも営業できるかの確認作業が必要となります。建物の所有者の書類も必要となってくるため、所有者の許可なしでは営業にかぎ付けることはできません。また、建物の所有者の方には前の店舗の情報もしっかりと確認しましょう。なぜなら前に営業していた店舗が深夜営業や風俗営業許可が必要な店舗だったとき、その許可を返納などの手続きをしていることが必要となります。そのためそういった点もしっかりと確認しましょう。確認するべきことや準備が終わったら、今度こそ公安委員会への提出書類の準備です。書き方や必要事項については警視庁や地域の警察署のホームページに乗っているので、よく確認し必要書類の準備に取り掛かります。