交通事故の慰謝料の相場とは

交通事故というのは、そんなに頻繁に身近でおきるものではありません。しかしそれと同時にいつ誰の身におきるかもわからないものです。なのでいざ自分が巻き込まれた時にはどう対処していいのかを知っておかなくてはいけません。大きく分けると交通事故には、自分が被害者になる場合と加害者になってしまう場合があります。被害者になったときにも加害者になった時にも関係するのが慰謝料です。だいたいの場合は間に入った保険会社などのいう通りに話が進んでいくし、そうするしかないと思われがちですが、慰謝料にもだいたいの相場というものが存在します。相場を知らないとだいぶ損をしてしまっていたということになりかねません。いざという時のために、どんな交通事故の場合にはいくらくらいが相場なのかということをあらかじめ知っておいて損はないと思います。

交通事故にあったときの慰謝料の相場

交通事故にあったとき、慰謝料の相場はどれくらいだろうか?という疑問をお持ちになった方も少なくは無いでしょう。交通事故で発生する慰謝料というのは主に2つあります。一つ目は後遺障害慰謝料です。その名の通り、後遺障害と認定された場合に発生する慰謝料です。認定された場合とされていない場合では数百万も変わることがあります。二つ目は入通院慰謝料です。この入通院慰謝料では正しい知識を持ってないと相手ともめる場合があります。正しい知識を持ち、慰謝料計算式のもと妥当な金額を請求することで相手ともめることはなくなるでしょう。先程に出てきた「慰謝料計算式」について説明させていただきます。慰謝料計算式には3つの基準となるものがあります。まず一つ目は自賠責基準です。通院日数、治療期間のいずれかで少ない方に4,200円をかけます。この自賠責基準は保険会社が払う総額が120万円を超えない場合に採用されるようになっています。二つ目は任意保険基準です。慰謝料算定では一ヶ月を30日として計算します。計算は任意保険基準の表を参考にしてください。保険会社などと相談するときは弁護士基準で請求します。三つ目は基準の慰謝料です。弁護士基準で請求する場合にはそれなりの根拠が必要となります。ただ弁護士基準で払って欲しいと言うわけにはいきません。交通事故被害者の会社などを上手く利用してください。弁護士費用は300万円程度かかるのでコストパフォーマンスを考えた上で依頼することも検討しましょう。こちらも損害賠償額算定基準の表を参考にしてください。

交通事故での慰謝料の相場わ。

最近交通事故のニュースが話題になっていますが、他人事のように考えている人もいますがそんなことはないと思います。交通事故は車だけでなく自転車も事故をおこす可能性があります。もし、歩いている人に自分が乗っている自転車がぶつかってしまいその人がケガをしてしまったらこちらが慰謝料を払わなくてはなりません。慰謝料のは相場その事故の度合いにもよりますが100万単位の慰謝料を払うということもニュースでよく聞きます。最近ニュースになったのは大坂の御堂筋の道路を一車線を自転車専用の道路にするも言うものがありました。これが本当に実現することになったら自転車は歩道者とぶつかる事故も少なくなり老人や子供なども安心して歩けるようになると思います。交通事故は自分自身が気をつける必要は大いにありますが、国が府が少しでも改善していくことにより相乗効果になると思います。

正当な賠償金を受け取る為に専門的な知識と経験を持った交通事故専門の弁護士が担当します。 当事務所は、お客様にお手間をかけることのないよう、他士業との連携をはかってワンストップサービスをご提供いたします。 当法律事務所で扱った交通事故の事例をサイトで紹介しています。 年間160件以上の交通事故分野の法律問題を取り扱っています。 交通事故の慰謝料の相場なら中村・橋本法律事務所へ。